コペルニクス的転回

ソーシャルゲーム等のサブカルチャーを心理学的アプローチで考察しているブログです。その他コラム等も。

【レビュー】A3! Blooming SPRING EPの感想。

f:id:coco_factory:20171005193430j:plain

 

わーい!待ちに待ったCDが届きましたよ。特典のSRカードはシトロンにしました。友人3人で分担して、全てのバクステを入手する作戦なので他のSRカードのバクステを見るのも楽しみです。

公演曲中心ではありますが、春夏秋冬すべてレビューしていきたいと思います。

 A3! Blooming SPRING EP

 ワンダーランド・ア・ゴーゴー!!

 「不思議の国の青年アリス」公演曲。舞台の世界観ともマッチしており素晴らしいです!とてもかわいらしい雰囲気なんですけど、ただただかわいらしいだけでなく夢現の摩訶不思議さがきちんと表現されています。

この曲はわりとシンプルなメジャーコードで進行されていますが、何がこの摩訶不思議要素なんだろう?と考えてみている途中です。キーポイントはやはり中盤のクリシェ部分(なんてこったなんだこりゃ~)と、メジャーコード進行の明るい曲調に対しての歌唱2人がわりと低い声で冷静に歌っているところもあるのかなぁと思います(笑)絶妙ですね。

後半のらんらららららんの部分のメロディーはBメロ(?)のトラックでも使用されていますが、曲の半分はこのコード進行なのでは?!そこも何かゲシュタルト崩壊を起こしそうな感覚もありますし、世界観の表現としてはかなり良いのかも。あとクリシェ部分以外の歌唱メロディーはすべて幹音(ピアノの白鍵の部分)のみで構成されているんですね~。これもミソっぽい気がする。

基本はシンプルな作りなので余計に中盤のクリシェ部分と間奏~Cメロ部分が際立ちます。思考のジャーニー、黄金のモラトリアムという舞台の内容を形容する詞をCメロに持ってきていますからね。そこから紅茶のセリフを挟んでのBメロへの持って行き方もとても好きです!

思い出のねじ巻き

「ぜんまい仕掛けのココロ」公演曲。ケルティックな楽曲ですね。筆者は今まで発表された演目の中でぜんまいが一番好きなのですが、フルで聞くと全力でこの曲ぜんまいの内容を網羅してきてるな!?と大変感動いたしました…!

というお話の前にとりあえずこの曲がどことなくぜんまい仕掛けっぽい雰囲気がするのはリズムにある気がします。曲の初めから「知らない扉が開く音がした」までは8分の6拍子で刻まれています。ぜんまいを巻いているようなイメージかなぁ。がその後動き出すのでしょうか?いきなり4拍子になります。そして「噛み合う歯車」からまた自然な流れで8分の6拍子にという流れです。このBメロ付近で拍子が変わるところが非常にぜんまい感がある!と個人的には思います。あとハープっぽい音かなぁ。

そしてこれが2回繰り返されたあとにくる怒涛の間奏。なんだこのコード進行とパーカッションは!素晴らしい…!!この部分、Sがルークを事故から助けてアルフ率いる部隊に見つかってしまった部分のイメージとピッタリです。うーん素敵。

歌唱も2人とも素直に歌ってる感じが良いですね。シトロンの声質がなんかこの曲にやたらと合っている気がします。歌唱バージョンも良いのですがインストもなかなかです!

ダンデライオンのあくび

綴くんのソロ曲。あの…言っていいのかなこれ。綴って何か少女声っぽくないですか…?(笑)なんて言ったらいいんだろ、これ。少女声っていう言い方になっちゃうんだけど!ひじょーーに発声が素直なんですよね。ピュア声is少女声。ロリでもショタでもなくて少女です。

曲調は普通のポップスっぽい感じです。若い人には伝わらないだろうけどMy Little Loverの曲にありそうな(笑)シンプル・イズ・ベストで耳馴染みの良い仕上がりですね。綴の少女声に非常に合っていますし、村人Cっぽさもありつつ。癒し系です。

Gamer's High

至さんのソロ曲。デジタルロックって言うんですかね。近年このレトロゲームっぽいデジタル音はEDMシーンでも使われいたりしてよく耳にする気がします。アレンジとてもかっこいいです。殺伐としているようでどこか情熱的。

なんだかとてもアニソン風。オタク通り越して廃人と化してるたるちにぴったりです。この曲でさぞ嬉しかったんでしょう。インストもなかなか良いです!

シトロンの正しい日本語講座?

シトロンのソロ曲。ソロの中ではこれが一番好きでした!かわいい&おもしろいだけじゃなく、シトロンの心の奥底の優しさとか人との繋がりに於ける思いも詰め込まれててちょっと泣けます。私だけかもしれないけど(笑)

欲を言えばもうちょっとニッポーンとかスッポーンのところでトラックもリズム刻んで欲しかった(せめて大サビ!)けど、まぁクドくなる分万人受けを考えたらこのアレンジが良かったのかな。素敵です。

 

公演曲はジャンルの多様性や演目のと繋がりがあってとても考察しがいがある分、公演曲贔屓のレビューになっておりますがお許しください。夏組アルバムもまた後日!