コペルニクス的転回

ソーシャルゲーム等のサブカルチャーを心理学的アプローチで考察しているブログです。その他コラム等も。

【コラム】自己診断のワンポイントアドバイス!(目安箱より)

f:id:coco_factory:20180927184604j:plain

 

最近自己診断についての疑問をいただいたりお見かけしたりするのでちょっぴりご紹介させていただきたいと思います。

こういったご質問ですね。この方は感情型(F)なのか思考型(T)なのかわからないとのことでしたが、判断型(J)か知覚型(P)かわからないなど様々な疑問を見かけます。

 

自己診断のポイント

1.診断で出たタイプを鵜呑みにしないこと

 MBTIは「タイプを決めること」が目的ではありません。MBTIでタイプを決めるために自己を冷静かつ客観的に見つめ自分の本質を理解することが最も重要です。自分にも他者にもそれぞれ違った本質があることを理解し、他者との違いを受け入れ尊重し合えるようになることが目的です。例えばダックスフンドに向かって「キミはどうしてそんなに足が短いんだ!!」と怒ったところで、それはダックスフンドの生まれ持った本質ですから仕方のないことです。【足が短い】というのは客観的事実であり変えることはできませんが、その事実が分かることで「それはどんな良さがあるか」「どう活かせるか」を考えることができます。これは我々の性格も同じことです。タイプを決めることよりも、自分の性格のクセを理解することが重要です。

私は基本的に診断で出てきたタイプを一度疑ってみることをおすすめしています。めっちゃ当たってるじゃん!やば!と思っても、とりあえず疑ってください。すべてのアルファベットの逆の可能性を考えてみてください。この「考える」ことが重要です。違うタイプに導くために言っているのではなく、自己を省みることをして欲しいからです。本当に論理的思考をしているのか?本当に判断機能優先なのか?など、じっくりと考えてみることが大切です。その中で「自分とは逆のタイプがどのような考え方をしているのか?」も学ぶことができ、それがMBTIの学習の重要なポイントだったりします。

 2.各心理機能について理解すること

F/Tの一文字違いで、たとえ主機能が同じだったとしてもこのくらいの違いがあります。綴(INFJ)と幸(INTJ)です。

では彼らの使用する心理機能を見てみましょう。

各タイプの心理機能

f:id:coco_factory:20171212141634j:plainINFJとINTJは下段の真ん中~右寄りです。綴はNi-Feを、幸はNi-Teを使います。

例:綴(INFJ)と幸(INTJ)の違い

綴の「人の感情の動きや人間関係に敏感」というのは、補助機能にFeを使うからですね。主機能の内向的直観(Ni)はひとつの可能性についてじっくりと考える機能なのですが、綴の場合それが主に他者の感情や人間関係に向けられます。他者の感情についても「それが今後どうなる可能性があるのか?つまりどういうことなのか?」と熟考するため、感情面の些細な変化や人間関係などを敏感に感じ取ることができます。逆に幸の補助機能である外向的思考(Te)にはめっぽう弱く目に見える理論・社会で常識とされている客観的事実を用いて判断することには嫌悪感を覚えます。これは「ぜんまい仕掛けのココロ」のイベストで描かれている幼少期の水野とのやりとりを見れば一目瞭然ですね。“お金のかかった豪華なお祝いをすれば人が喜ぶ”と考えるのは外向的思考(Te)的な考えです。実際Teを主機能に持つ左京は親孝行に“マンションを買ってあげる”という方法を取ろうとしました。綴はこのような考えについて、とても理解できないと感じます。

その外向的思考(Te)を補助機能に使っている幸は逆に綴の使う外向的感情(Fe)にはめっぽう弱いです。なので上記の引用ツイートでも見て取れるように「人の感情」に興味が持てません。だっていちいち他人の感情に気を使っていたのではかわいい服を考えて作る!という目標を達成することが難しくなるから。幸が持っている斬新な思想は他者からの否定的な目で見られることが多々ありますが、いちいちそれに反応していたのではかっこ悪い感じがしてしまうのです。やっていることに自信が持ててないような感じ。だったら感情なんか気にしないほうが自分の信念を貫き通して好きなことを追求していられるし良いじゃん、って考え方ですね。なので感情的に気を使われた祝辞や励ましの言葉などに上手く対応することができません。幸の内向的感情(Fi)が侵害され泣いてしまった時、外向的感情(Fe)を使う椋の励ましの言葉にも幸は「もうやめろって。わかったから」などと返し、「アリガト」という言葉も非常にぎこちないものでした。嫌悪感すら感じる機能なので使い方なんか分かるはずもなく、これは仕方のないことです。

 

このように一つアルファベットが違うだけでも使っている心理機能のペアが変わってしまうことがほとんどです。心理機能については基礎記事以外でも各キャラクターの解説でも触れておりますので、少しずつでも理解していただければなぁと思います!

3.自分は正しい自己分析など出来てないと思いましょう

まず初めにタイプを出す段階で自分は自分を客観的に見つめられているわけではないと思うことが大事かもしれないです。「自分の性格は自分がいちばん把握しているはず!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません客観的な自己分析が出来ていない人は案外多いと感じます。まっさらな状態から自己分析をするためにも「自分は自分を分かっていない」というところからスタートして改めて考えてみることが大切でしょう。また他者に「私はどう見えている?」と聞いてみることも結構役に立つかと思います。一緒にMBTIの話をしたりね。そうすることで改めて見えてくるものもあります。
「自分はこうしたほうが良いと思う」ではなく「自分は自然とこうしてしまっていることが多い」ということを考慮して自己診断してみてくださいね。

総括

かく言う私はNT型なので比較的自己分析も他者分析もかなり得意なタイプですが、タイプの選出には半年くらいかけたような気がします。タイプの理論をきちんと理解していないうちに診断をするのは危険だと感じたため、心理機能やタイプ論についてきちんと勉強をしてみたというところも大きいですが。MBTIのワークに参加すると講師の方がタイプを決めてくれますが、たった1日の行動だけでタイプを決められてしまうので私としてはちょっと疑問を感じています。「偉い人に判断された!」ということで、深い自己分析に終止符を打ってしまいやすいからです。このブログを読んでいる方はA3が好きな方も多いかと思いますので、単純にどのキャラの考え方に自分は似ているかというのを考えてみる&人に聞いてみるというのも一つの手かもしれないですね。(わかるからこそそのキャラに嫌悪感を抱く人もいますよ!)

まぁ何か疑問点があればお気軽にお題箱や質問箱からでも直接のメッセージでも、気軽に聞いてくださいね。